イベントや忘年会を盛り上げるなら景品選びがポイント

人に出会うことで学べる

講義

教え子達に将来のビジョンを思い描いてほしい時は、実りある話をしてくれる講師を招きましょう。仲介企業を使って講師を紹介してもらう際は、人柄や語り口の良い講師を選んでから利用しましょう。子供達に良い影響を与えられます。

もっと読む

外国人講師のイベント

セミナー

企業や学校で外国人講師に講演会を依頼する際には、聞き手の語学力を事前に講師に伝え、スピーチの内容がしっかりと聴衆に伝わるようにしましょう。日本と海外の文化は大きく異なるため、外国人による講演会では異文化に対する理解を深め、海外交流を聴衆に促せるというメリットがあります。

もっと読む

仲間を労う時間

プレゼント

万人に好かれる物

いつも一緒に働いている仲間を労う上で欠かせないのが忘年会です。自身が忘年会の幹事となって景品を決める際は、多くの人達から本当に喜ばれるものとは何かを考えて決めましょう。例えば女性が喜ぶ品物の中にはアクセサリーやキュートな雑貨がありますが、こうした景品は男性を残念な気持ちにさせてしまいます。忘年会には男女共に集まっていますので、性別関係なく使いやすいものを探してみましょう。家電製品やグルメ券は万人に受ける特性がありますので、選びやすいものです。他にも消耗品であれば、豪華な印象はありませんが決して社員を損な気持ちにもさせません。また事前に社員に聞き取り調査をしておくことで、社内で求められている景品が的確に掴めます。

楽しんでもらえる方法

会社で忘年会を開催する場合、景品を購入する費用は社員達が負担するケースと会社が出してくれるケースがあります。前者の場合はあまり高額な景品を用意しないようにしましょう。忘年会は社員の疲れを癒すための場ですから、お財布を圧迫して心労を増やさない配慮が欠かせません。お給料やボーナスの額を考えて景品を決めることが大切です。逆に会社が経費を負担する際は数万円ほどする商品を景品として取り入れると喜んでもらえます。こうしたケースでは海外旅行の旅行券など使う上で手間がかかるものは避けると良いでしょう。現金では味気ないですから、商品券景品にすれば当たった人が好きなものを購入できます。景品を提供できるゲームはビンゴやくじ引きなど複数ありますので、その場が盛り上がる方法を考えるようにします。また、用意する景品に迷った際には、ネットの景品ショップなどを参考にするとよいでしょう。景品ショップでは、忘年会に向けた景品を扱っており、豪華な景品から目玉景品まで種類が豊富で選びやすいのです。依頼して注文すると専門のスタッフが梱包して配送センターから届けてもらえるため、準備の手間も省けます。現在では数多くの景品ショップがあるため、複数のところを比較して利用する業者を選ぶとよいでしょう。

便利なサービスを利用する

講師

イベントなどで講演を依頼する場合、仲介業者を利用してみるのもいいかもしれません。詳細にふさわしい人材を紹介してくれるので、スムーズに依頼できます。有名人への依頼となると、早めに手配をしておかなくてはなりません。

もっと読む